【決心】バイクを手放すか判断するポイント【放置は絶対ダメ】

バイクを手放すか迷っている人
最近バイクに乗れてないから手放した方がいいかな?決心がつかないな…
また乗りたくなるかもしれないから置いておけばいいよね?
乗らなければ買取価格も下がらないから、いつ売っても変わらないよね?

このような疑問があるかたにオススメの記事です。

バイクにぜんぜん乗れてなかったり、飽きてしまったりすると手放すか迷うこともあります。

愛着があったり、また乗りたくなる可能性があると思うと、なかなか決心ができません。

人によって状況や考え方があるので、一概にどっちがいいとは言いきれません。

なので、自分が本当にバイクが必要なのか判断する必要があります。

時間がなくて今後も乗ることができなさそうなら売却したほうがいいですし、普段の足として使用しているならバイクがなくなると生活に支障がでてしまうので、売らない方がいい人もいます。

こればっかりは人それぞれなので、難しい問題です。

なので、この記事を最後まで、読んでもらえば自分がこのままバイクを所有していていいのか判断できるようになります。

バイクは所有しているだけでもお金がかかるものですし、乗らないで放置していれば、ドンドン買取価格が下がっていってしまうものです。

早めに決談をして後悔をしないようにしましょう。

私はバイク歴20年で、バイク乗りの友人も多くいました。

その中には生活環境や気持ちの変化でバイクを売却するか悩んでいて、手放す決心ができない友人にアドバイスをすることもありました。

このような経験からバイクを手放した方がいいのか、判断のしかたを解説していきます。

この記事でわかること
  • 手放すか判断するポイント
  • 手放すメリット・デメリット
  • 放置は買取価格に大きく影響
バイクの売却をお考えの方へ
バイクを少しでも高く売りたいなら最初にやるべきことは愛車の買取相場を調べることです。
買取相場を知っていれば他社と比較したり、査定額をアップしてもらうための交渉もしやすくなります。
バイク王の無料お試し査定なら3ステップで簡単に愛車の買取相場を調べることができます。
高価買取も期待できて信頼性も十分にある業者なので無料お試し査定を活用してみてください。

バイクを手放すか判断するポイント

バイクを手放したほうがいいのか判断するために5つの質問に答えてみてください。

  • バイクに乗る時間はあるのか?
  • バイクを楽しめているのか?
  • 金銭的に余裕があるのか?
  • 生活に必要なものか?
  • 愛着があるのか?

この質問に答えていけば、バイクという乗り物が本当に必要なのかがわかります。

今はボンヤリと「売った方がいいかな?」くらいの気持ちだとおもいますけど、しっかりと判断すれば手放す決心もつきやすいです。

それぞれ、解説していきます。

バイクに乗る時間はあるのか?

まず1番最初に考えてもらいたいのが、バイクに乗る時間があるのか?ということです。

バイクに乗れなければ、それは不要なものです。

仕事や別の趣味、育児や勉強と人それぞれ、なにかと人生が忙しいと思います。

忙しい中、うまく時間を見つけて乗れていればいいのですが、多くの人はバイクを放置してしまいます。

バイクに乗る時間がないということは、整備をする時間もないということになってしまいます。

バイクは放置しているだけで劣化してしまうので、しっかり管理しておかないといけません。

よくあるパターンとして、2ヶ月くらい放置していたけど時間に余裕ができたので、いざ乗ろうとしたら、バッテリー上がりをしていて乗ることができません。

そして、修理するのも面倒になり、さらに放置してしまいバイクがボロボロになってしまいます。

せめて2週間に1回くらいのペースで乗れないなら、バイクが劣化していくだけなので、売却をオススメします。

バイクを楽しめているのか?

バイクを本当に楽しめていますか?ただ、なんとなくで乗っていませんか?

楽しめているか、いないかは、安全にもかかわる重要なポイントです。

  • 他に趣味がないから
  • 友人が乗っているから
  • せっかく買ったから

このような気持ちでバイクを所有していませんか?

最初は楽しそうなイメージだけでバイクを購入しますけど、実際に乗ってみたら夏は暑いし、冬は寒いし、雨も降るし、道路は怖いし、で、苦痛な思いをしてバイクに乗らなくなってしまうこともあります。

そして、楽しいと感じない趣味にあまりお金もかけたくないと思うので、プロテクターや服装も適当になってしまい安全意識が薄れてしまいます。

「バイクが楽しい」という気持ちがあれば、そもそもこんな記事は読んでいないはずです。

バイクは危険な乗り物なので、楽しくなければ無理に乗る必要はありません。

バイクを売って、そのお金で新しい趣味を始めましょう。

金銭的に余裕があるのか?

バイクはお金のかかる趣味です。金銭的に余裕がなければ所有していることが苦痛になります。

  • 税金
  • 車検
  • 保険
  • 消耗品
  • ガソリン

所有しているだけでも税金や車検のお金が必要ですし、走ればガソリンを入れなければいけないし消耗品も交換しないといけないので、どんどんお金がなくなってしまいます。

さらに、お金がないからと言って任意保険に加入しない、なんて危険なことをしてしまいます。

バイクは多少なりともお金に余裕がないと安全に楽しむことができない趣味です。

普段の生活が金銭的に圧迫しているなら1度売ってしまい、またお金が貯まったらバイクを楽しみましょう。

生活に必要なものか?

バイクを普段どのように使っているか考えて、絶対に必要なものなのか判断してください。

通勤や通学で使用しているなら、売却してしまったら困りますけど、趣味で乗っているならそこまで影響はありません。

住んでいる場所によっては普段の生活の足として重要な乗り物かもしれないですけど、東京とかに住んでいるなら、そこまで必要なものでもないです。

通勤などで毎日バイクに乗っているなら調子がいい状態をたもてますけど、たまにしか乗らないとバイクはドンドン劣化します。

バイクが絶対に必要な乗り物なのか、よく考えてみてください。

愛着があるのか?

バイクには、ぜんぜん乗らなくなってしまったけど、愛着があるから残しておきたいという人もいると思います。

これが1番やっかいなポイントです。

結論から言うと愛着があって手放したくないと思っているなら売却しないことをオススメします。

あなたが持っているバイクは世界に1台しかないバイクです。

もちろん探せは同じ形のバイクは存在しますけど、あなたとの思い出がつまったものは存在しません。

また、そのバイクに乗りたくなっても売却してしまえば、二度と戻ってきません。

とりあえず手元にさえあれば、どんなボロボロになっていても、エンジンがかからなくても、お金をかければ再び走り出すことは可能です。

飾っておくだけなら維持費をかけないように廃車登録をするなんて方法もあります。

しかし、保管場所や引越しをする時の移動方法などの問題があります。

結局のところどんなに愛着があっても駐輪場でカバーをかけているだけではかわいそうです。

自宅にガレージなどがあれば綺麗に飾っておけますけど、だいたい1〜2年後にはホコリまみれになってます。

愛着があるなら売らない方がいいですけど、一時的な感情かもしれません。

半年後にもう一度どうするか考えてみてください。

放置だけは絶対だめですよ!

手放さないメリット・デメリット

手放さないメリット
  • いつでもバイクに乗れる
  • バイクが楽しくなる
  • 乗り物がある安心感

バイクを所有していれば、乗りたくなったらいつでも乗ることができます。

そして、久しぶりに乗ってみたらバイクが楽しいと思うことだってあります。

しばらく放置して、バイクへの興味が薄れていたのに、たまたま友人と行ったツーリングが楽しかったりして突然バイクが大好きになる人もいます。

バイクは手放さなければ、いつでも乗ることができて、再び楽しいと思えることがメリットになります。

手放さないデメリット
  • お金がかかる
  • 買取価格が下がる
  • 盗難の可能性がある

デメリットはお金の話が多いです。

所有しているだけでも税金は払わないといけないし、たまに乗る予定なら任意保険も加入しないといけません。

もちろん放置してバイクが劣化してサビだらけになれば買取価格も下がっていきます。

あげくのはてには盗難される可能性だってあり、そうなると本来 売ればお金になったものが、いっきに0円となってしまいます。

手放さないで放置しているだけは、損をしてしまうので注意してください。

手放すメリット・デメリット

手放すメリット
  • お金に余裕がうまれる
  • 時間に余裕がうまれる
  • 事故の危険性がなくなる

バイクは売却すれば、車種や状態にもよりますけど、多少なりともお金になります。

ローン途中であればローンを払い終わらせることもできるし、維持費などからも開放されて金銭的に余裕がうまれてきます。

バイクに乗らなくなれば、時間に余裕もできて、他の趣味に没頭することもできますし、事故や転倒のリスクもなくなりケガをしなくてすみます。

バイクを手放してしまうことは悲しいですけど、メリットもあるので検討してみましょう。

手放すデメリット
  • 後悔するかもしれない
  • またバイクに乗りたくなる

手放してしまった時のデメリットは、後悔する可能性があることです。

どうしてもバイクを売った後は激しい後悔に襲われます。どんな事情であっても、自分では納得していたつもりでも、なんとも言えない感情がこみ上げてきます。

一緒に楽しい思い出を作った愛車を手放すことは辛いことですけど、乗ってあげられなければボロボロになっていくだけなのでバイクもかわいそうです。

こればっかりは、しょうがないことですし、一時的な感情なことが多いので頑張ってこらえてください。

また乗りたくなったら、同じバイクは手に入れることはできないですけど、新しいバイクを買って、また新たな思い出を一緒に作ってください。

バイクの放置は買取価格に大きく影響

バイクは放置していると、ドンドン劣化していき、調子も悪くなって、最終的には買取価格も大幅に下がってしまいます。

結局、これを知っていることがバイクを手放す決心をしやすくなります。

なんとなく、「また乗るかもしれないから残しておこう」と放置しているとバッテリーが上がりエンジンがかからなくなります。

さらに放置していると、サビだらけになってしまい、タイヤもひび割れて、安全に乗れる状態ではなくなってしまいます。

直すのも面倒になり、バイクを置いておくのも邪魔になり、いざ売ろうとしたときにはバイクの価値が下がってしまい、安く買取されてしまいます。

そして「あの時に売っておけばよかったな…」なんて後悔をしてしまいます。

しっかりと整備しながら保管して定期的にエンジンをかけておけば、バイクのダメージも少なく、また乗りたくなったとしてもスグに乗ることができます。

ですが、多くの人はただ放置してしまいまいます。

放置して後悔するくらいなら高く売れるタイミングで手放してしまうことをオススメします。

関連記事>>>【デメリットのみ】バイクは放置するとどうなる?【結論→損するだけ】

関連記事>>>【査定額に影響なし】車検切れバイクの売却方法【高価買取も可能】

現在の買取価格で決める

この記事では、バイクを手放すかべきか判断するポイントやメリット・デメリットなどを解説してきましたけど、まだ手放す決心ができないなら1度査定をしてもらってみてください。

これが意外とバイクを手放す決心の「決め手」となることもあります。

今は自分のバイクが「どのくらいで売れるのかな?」なんて感じだと思います。

実際に査定してもらい買取価格が判明すると、売却後のイメージができて手放す決心がつきやすくなります。

  • このお金で何を買うかな
  • これで生活が楽になるな
  • 他の趣味を始めようかな

こんな感じで、バイクを売却することに心が揺らいでいきます。

どうしてもバイクを売却する決心がつかないなら買取価格が高いうちに査定してもらって判断するのもオススメです。

今回は以上になります。

バイクを手放す決心はつきましたでしょうか?

こればっかりは本当に難しい問題なので、しっかりと考えて後悔をしないようにしてください。

最後に大事な事なのでもう一度言います。

放置は絶対ダメ!!