バイクの売却に必要なもの【査定額を上げるために準備するもの】

バイクを売りたい人
バイクを売りたいけど、なにが必要なの?
紛失しているものがあれば再発行しないとだめですか?
用意しておけば査定額が上がるものとかありますか?

このような悩みがある方にオススメの記事です。

バイクを売ろうとしたら登録書類や身分証明書などが必要になってきます。

必要なものを揃えておけば査定額にも影響なくスムーズに売却をすることができるので、紛失しているものがないか確認しておく必要があります。

紛失しているものがあってもほとんどの場合バイクを売ることができますし、査定額にもあまり影響はないので安心してください。

絶対に必要ではないですけど、あれば査定額が上がる可能性のあるものも紹介するので少しでも高く売れるように必要なものを揃えていきましょう。

バイクの売却に必要なもの

  • バイクの登録書類
  • 自賠責保険証明書
  • 身分証明書
  • 印鑑

この4つがあれば、出張買取や中古バイク販売店のような場所であればバイクを売ることができます。

それぞれ解説していきます。

バイクの登録書類

バイクを売ろうと思ったら、まず最初に確認してもらいたいのが登録書類です。

排気量ごとに必要な書類は違いますけど、バイクを購入した時や譲渡してもらった時に受け取っている書類です。

  • 251cc以上
    自動車検査証
  • 126cc〜250cc以下
    軽自動車届済証
  • 125cc以下
    標識交付証明書

バイクのシート下に保管してあることが多いので、探してみてください。

たまに大事に保管するためやバイクの収納スペースに余裕がなくて家に置いてあることもあります。

捨ててなければ家の中を必死に探せば見つかるので頑張ってください。

書類を紛失している場合

もし書類が見つからなくて紛失しているなら再発行をするか書類がない状態で売却するしかありません。

買取業者にもよりますけど、ほとんどの場合は書類がなくてもバイクを売ることが可能です。レッドバロンやバイク王などの大きな会社であれば大丈夫でしょう。

バイクを売却した後に再発行や手続きを買取業者が代理でやってくれるので、そこまで手間もかかりません。

無理して書類を絶対に用意しないといけない会社を選ぶ必要はなく、書類なしで買取してくれる会社で売ればいいだけなので、なにも悩まなくて大丈夫です。

出張買取業者を呼ぶ時は、事前に書類なしであることを伝えておけば、スムーズに手続きができます。

自賠責保険証明書

公道でバイクを走らせるためには必ず加入しなければいけないものです。数年間バイクを放置していたとかでなければ持っているはずなので自賠責保険証明書を用意しておきましょう。

自賠責保険は解約すれば返戻金を貰うことができるので、この手続きを自分でやるか買取業者にやってもらうことになります。

自分でやるのはちょっと面倒なので、買取業者にお願いしてしまう方が圧倒的に楽です。

バイクの登録書類と一緒に保管していることが多く簡単に見つかるはずなので用意しておきましょう。

自賠責保険証明書を紛失

自賠責保険を紛失や期限が切れていてもバイクを売ることは可能です。

なにも問題ないです。

ただし注意してもらいたいのが保険の期限が切れている場合は運転することができないので、バイク屋まで押して歩くか出張買取などに取りに来てもらうしかありません。

運転すれば、もちろん違反です。

期限が切れているなら出張買取で売るのが早くて楽です。

自賠責保険は査定額に影響あり

残りの保険期間によって査定額が変わることがあります。

250cc以下の車検のないバイクの売却後は自賠責保険を解約してしまうのが一般的で、解約すれば残りの期間に応じてお金が戻ってきます。

なので、その分を査定額に上乗せしてくれることもあります。

251cc以上の車検のあるバイクは自賠責保険と車検の期間が同じなので、解約はせずにそのまま次の購入者に引き継ぐことになります。

自賠責の期間=車検の期間

このようにイメージしてもらえば、わかりやすいと思います。

車検の残り期間が多ければ、中古車として販売する時に売りやすので高く査定してもらえます。

どの排気量の自賠責保険でも査定額が上がる可能性があるものなので、査定の時はどのくらい影響があるのか忘れず確認しましょう。

身分証明書

運転免許証があれば問題ないです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

免許証を紛失しているなら別の身分証明書を用意しておきましょう。

身分証明書がないとないとバイクを売ることが難しくなるので、売却の当日に見つからなくて慌ててしまわないように、しっかりと準備しておいてください。

身分証明書がない場合

身分を証明できるものがまったくない状況でバイクを売るのは難しいですけど、まずは買取業者に相談してみましょう。

バイクを売ろうとしている前日に財布を落としてしまって身分証明書を全部なくしてしまった。
でも、引っ越しをするから絶対に今日中に売りたい

まぁ、こんな状況にはあまりならないと思いますけど…

業者によっては買取後に免許を再発行して身分が確認できたら銀行口座にお金を振り込んでくれるなどの対応をしてくれることもあります。

再発行してから売るのが無難ですが、どうしても売りたいなら相談してみましょう。

印鑑

シャチハタといわれるものはダメなので、朱肉につけるタイプの印鑑を用意してください。

シャチハタとは朱肉を使わないスタンプ式の印鑑です。簡単に押せて便利ですけどバイクの売却手続きには使えないことが多いです。

印鑑は100円ショップでも売っているので、持っていなければ買いにいきましょう。

廃車登録をしてある場合

長期保管していたり、友人などに売る予定で廃車登録してあるなら廃車証明書が必要になります。

  • 251cc以上
     自動車検査証返納証明書
  • 126cc〜250cc以下
     軽自動車届出済証返納証明書
  • 125cc以下
     廃車証明書

これも排気量ごとに呼び方は違いますけど、廃車登録をしたときに受け取った書類だとおもって大丈夫です。

バイクは使用しなくても税金を払わなくてはいけないので、長期保管するときは一時抹消登録という廃車状態にすることもあります。

このような状態のバイクでも売ることは可能ですが、登録証明書がないので廃車証明書が必要になってきます。

こちらも紛失していてもバイクを売ることができる場合が多いので、買取業者に相談して再発行するかそのまま売るか判断してください。

ナンバープレートを紛失していても売却できる

バイクについているナンバープレートも売るときには必要なものですけど、なくても大丈夫です。

ナンバープレートは盗難や走行中にはずれてしまって紛失してしまうこともあります。

もし紛失している状態でバイクを売るなら近くの警察署に行って盗難届けもしくは紛失届けを提出して受理番号というものが必要になることが多いです。

  • 受理番号
  • 警察署名
  • 届出日

このような情報を買取業者に伝えれば、あとの手続きはやってくれます。

買取業者によっては再発行しないといけないかもしれないですが、どのみち受理番号は必要になってくるので用意してください。

再発行はちょっと面倒ですけど、警察署に行くだけなら簡単なので盗難届け、紛失届けは出しておきましょう。

紛失しているものがあれば再発行したほうがいいのか?

基本的に再発行はしなくても大丈夫なので、まずは紛失していることを買取業者に伝えて査定してもらってください。

再発行は手続きも面倒で時間もかかります。しかも陸運局などに平日に行かなければいけないので、仕事などがあると難しいです。

買取価格に影響がなければ再発行は無駄な作業となってしまうので、買取業者にお願いしたほうが楽です。

どうしても必要なものだけを再発行していくようにしましょう。

紛失しているものがあると査定に影響するのか?

紛失しているものがあってもバイクを売ることは、ほとんど場合できますけど、再発行するか迷う1番のポイントは買取価格を下げられてしまわないかです。

本当かどうかはわからないですけど多くの買取業者では、査定額に影響ないと言ってきます。

僕の経験的にもそこまで大きく変わらなしい平日に陸運局に行く手間を考えると再発行しないで売ってしまったほうがいいです。

もし査定額を下げられている感じがしたら

「書類があれば、いくらになります?」
「書類を再発行したら、また呼びます」

このように言えば査定スタッフも当日中にバイクを持って帰りたいし、他の買取業者に売られてしまっても困るので査定額を上げてくれることもあります。

うまく交渉すれば紛失しているものがあって減額されている分くらいは査定額を上げることはできます。

紛失しているものがあっても、まずは買取業者に相談してみましょう。

査定額が上がる可能性があるもの

絶対に必要ではないですが、売りたいバイクに関係するものは全部 用意しておきましょう。

  • ノーマルパーツ
  • メンテナンスノート
  • サービスマニュアル

このようなものを用意しておけば査定額が上がる可能性はあります。

思い出として残しておくのもアリですけど、ほとんど場合はゴミとなり処分に困ってしまうものもあります。

どうせ邪魔になるだけなのでバイクと一緒に持っていってもらいましょう。

ノーマルパーツ

バイクはカスタムしてあるよりノーマルのほうが高く売れることが多いので、あまっているノーマルパーツを用意してください。

マフラーをカスタムしたらノーマルマフラーが残っているはずなので必ず用意してください。しかも、マフラーを残してしまうと処分にも困ります。

ノーマルパーツだけでなくカスタムパーツも査定額が上がる可能性もあります。

パーツは処分にも困るし、査定にも影響するので忘れないようにしてください。

メンテナンスノート

売りたいバイクのメンテナンス状況がわかれば査定額を上げやすいです。

  • オイル交換
  • 消耗品交換
  • 修理歴

メンテナンスノートでは、このようなことがわかります。

査定スタッフも、どのように扱われていたのかを見抜くのは難しいですけどメンテナンスノートなどで証明できれば安心して買取することができます。

大事に乗っていたことをアピールして査定額を上げる交渉をしてみてください。

サービスマニュアル

サービスマニュアルはバイクごとの整備や分解方法が書かれている本です。

この本が意外と高くて5,000円とか高いものだと10,000円くらいます。

自分で整備するために購入していたり、友達からバイクを売ってもらったときに、ついでに渡されてたりする可能性があるものです。

値段が高く、それだけ価値のあるものなので、持っていれば査定スタッフに相談してみましょう。