バイクの「下取り」と「買取」の違い【下取りでも高額査定は可能】

下取りと買取の違いを知りたい人
バイクを売るのに下取りと買取があるみたいだけど、何が違うの?
下取りは査定額が安いみたいだけど、下取りでも高く売る方法はあるの?
結局、下取りと買取はどっちがお得なの?

このような疑問がある方にオススメの記事です。

バイクを売却するときは「下取り」と「買取」の2種類の方法があります。

簡単に説明すると、下取りは乗り換え、買取は売却するだけ、だと思ってください。

どちらともメリット、デメリットがあり、一概にどっちがいいとは言いきれないです。

この記事を読んでいただければ、下取りと買取の違いがわかり、ベストな方法でバイクを売却することができるようになります。

絶対にバイクを高く売りたいなら買取専門業者での売却を優先に考えることをオススメしまけど、うまくやれば下取りでも高額査定になることもあるので、下取りのメリットをいかした売却をすることも可能です。

この記事を書いている僕も、バイクを乗り換えるときは、下取りと買取の両方をうまく利用して、少しでも高く売れるようにして次のバイクを安く購入できるようにしてます。

このような経験から、下取りと買取の違いを解説していきます。

この記事でわかること
  • 「下取り」と「買取」の違い
  • 買取のメリット・デメリット
  • 下取りのメリット・デメリット
  • 下取りで高く売る方法

「下取り」と「買取」の違い

バイクを売却する方法は2通りあり、「下取り」と「買取」があります。

冒頭でも書いた通り、下取りは乗り換えを前提とした売却方法で、買取はバイクを売却するだけの方法となります。

なので、乗り換える予定がなく、ただバイクを売却したいのであれば「買取」の1択になります。

下取りは、新しいバイクを購入する店舗に売却する方法なので売却できる店舗も限られてしまうし、一般的には下取り価格は安いと言われています。

そして、下取りだと店舗限定の売却方法ですけど、買取なら店舗でもできるし、出張買取も可能となります。

ですが、高価買取になるのは出張買取だと思ってください。

売却先にもよりますけど、店舗の買取はいまいちな買取価格になることが多いので、この記事では、買取=出張買取のイメージで解説していきます。

一見デメリットばかりのように感じる下取りですけど、メリットもあるので安心してください。

バイクを売る時は、買取価格も重要ですが、乗り換えのしやすさや販売店との今後の関係などを考えることも大事です。

どちらともバイクを売却することには変わらないですけど、メリット、デメリットがあるので自分にあった方法を選択してください。

では、「下取り」と「買取」をさらに詳しく、そしてメリット、デメリットを解説していきます。

買取とは

バイクを売却するのに1番シンプルな方法です。

売却できる業者は出張買取で有名なバイク王や中古バイク販売店で有名なレッドバロンなどがあります。

このような業者に買取を依頼すれば、すぐにバイクを現金に変えることができます。

もちろん乗り換える時にも出張買取のような業者に買取だけしてもらって、そのお金を元に新しいバイクの購入資金にすることも可能です。

なので、乗り換えだから必ず下取りでないといけないわけでもないです。

買取は新しいバイクに乗り換える時でも、売却するだけの時でも大丈夫で、さらに高価買取になりやすい方法なので、下取りにメリットを感じなかったら迷わず買取にしましょう。

もし、乗り換える予定がなく、ただ売却したいだけなら下取りは関係のない話になってしまうので、別の記事も参考に高価買取を目指してください。

関連記事>>>【体験談】バイクを売るならどこがいい?【高額査定になる買取業者5選】

関連記事>>>【高額査定】バイクを高く売るためのコツ9選【売却前の準備が重要】

買取のメリット

  • 高価買取になる
  • 家まで来てくれる
  • ローン返済途中でも買取可能

・高価買取になる

売却する会社にもよりますけど、買取の方が高価買取になりやすいです。

買取は売却先を自由に選べるので、複数社に査定してもらって高価買取になる業者を見つけることができます。

バイク王のような全国展開している買取専門業者なら販売経路も豊富で無駄がないので高価買取が期待できます。

ですが、高く売るためには、しっかりと準備をしたり、査定の時に交渉したり必要があり、自動的に高価買取となるわけでもありません。

多少の面倒なことはありますけど、バイクを高く売りたいなら買取専門業者がオススメです。

関連記事>>>【簡単】バイクを高く買取してもらうための7つの交渉テクニック

関連記事>>>【裏技】バイクが高く売れる同時査定のやり方【オークション方式】

・家まで来てくれる

出張買取なら家まで来て査定をしてくれるので便利です。

意外と重要なポイントです。

レッドバロンのような店舗に持ち込みで買取してもらうと、帰りの足がなくて困ります。

近所に高価買取をしてくれる店舗があれば、歩きで帰ったりすることもできますけど、家から遠いと長々と電車に乗ったりと面倒です。

そして、なによりもヘルメットが邪魔です。

不動車や事故車を売る時も出張買取が適してます。

バイクが動かなければ、自分で押して持っていくしかなく、かなり疲れます。

しかも、査定額が安くて買取を断ったら、また押して家に帰らないといけません。

なので、売却後の帰り道のことや、バイクの運搬方法が楽なのは出張買取になります。

関連記事>>>どんなバイクでも買取してもらえます【処分はもったいない】

・ローン返済途中でも買取可能

買取専門業者であれば、ローン返済途中でも買取ができることが多いです。というか大手であれば、ほぼ大丈夫です。

もちろんレッドバロンのような大型店舗であればローン返済途中でも大丈夫ですが、小規模の店舗だと、たまにダメなこともあります。

そうなると困るのが、下取りで新しいバイクを小規模の店舗で購入しようとした時です。

どうしても欲しいバイクが置いてある店舗がローンに対応してなければ困りますよね。

ローン返済途中が理由で下取りできないなら、できる買取業者で売却してから新しいバイクを購入しないといけません。

出張買取ならローン返済途中でも心配する必要はありません。

関連記事>>>ローンが残っているバイクを売る方法【完済してから売却は損です】

買取のデメリット

  • 手続きが多くなる
  • バイクに乗れない期間がある

・手続きが多くなる

売却と購入の店舗が別になるので手続きや移動が多くなってしまいます。

売却するだけなら売却の時の手続き1回だけで終わりますけど、新しいバイクを購入するなら、また手続きをしないといけません。

出張買取でバイクを売却して、お金が手に入ったら販売店に行って購入するとなると、ちょっと面倒ですよね…

下取りなら売却と購入がセットなので簡単に終わらせることができます。

まぁ、やることはほぼ同じだし、このくらいは我慢できる範囲だと思うので、頑張りましょう。

・バイクに乗れない期間がある

売却して現金を手に入れてから、新しいバイクを購入する予定だと、バイクを所有してない期間が発生してしまいます。

なので、毎日バイクに乗って遊びたい人や、通勤などでバイクを利用している人は、面倒に感じることもあります。

お金に余裕があれば納車日の前日や納車後に売却することも可能ですけど、いくらで買取してもらえるかわからない状態で新しいバイクを購入するのも不安です。

そして、納車は移動手段がないので、公共交通機関を利用したり友人に送ってもらうしかないので、ちょっと面倒です。

バイクに乗れない期間が発生してしまうのが、買取で乗り換えをする時の最大のデメリットになります。

下取りとは

さて、買取のメリット、デメリットはわかっていただけたでしょうか?

次は下取りの解説をしていきます。

下取りは乗り換えが前提の売却方法になります。

なので、新しいバイクを購入する店舗で売却することになるので、売却先を選択することはできません。

売却先を選べないので、購入店の言われるがままの価格になってしまうので、高く売れることもありますし、安くなってしまうこともあります。

売却したお金は新しいバイクの購入代金にあてることになりるので、現金が手元に入ることは、ほぼないと思ってください。

例えば、今、乗ってるバイクの下取り価格が30万円で、次のバイクの購入代金が50万円だとしたら20万円で新しいバイクを購入することができます。

一般的には下取りは買取価格が安いと言われる売却方法ですが、同じ店舗で売却と購入ができるので、現金の移動や乗り換えのスムーズさが魅力的な方法でもあります。

下取りのメリット

  • 値引きをしてくれる
  • 乗り換えが楽にできる

・値引きをしてくれる

下取りであれば、新しいバイクを値引きしてくれる可能性もあります。

販売店側も買取と販売を同時にできるので、その分多くの利益をだすことができます。

例えば、今乗っていて売却したいバイクを「A」として、新しく購入したいバイクを「B」とします。

Aを30万円で買取して50万円で販売すれば20万円の利益をだすことができるとします。

そして、Bを販売すれば、15万円の利益がでるとしましょう。

このような状態であれば合計で、35万円の利益がでることになります。

なので、Bを5万円くらい値引きをしても30万円の利益をだすことができます。

  • Aの買取で20万円の利益
  • Bの販売で15万円の利益
  • 合計で35万円の利益
  • 5万円値引きでも30万円の利益

Bを販売するだけだったら15万円の利益しかだすことができなかったのに買取と販売を同時にすることによって利益を増やせるので、値引きのような考えになることもあるでしょう。

なぜ値引きをしてくれるのかと言うと、販売店からしたら値引きをしなかったことによって、購入者が別の販売店に行ってしまうことです。そうなると利益は0円となり困ってしまいます。

なので、値引きをしてでも、うまく購入に結びつけるようなことをしてくれます。

もしかしたら値引きをしてくれているのではなく、下取り価格を高くしてくれているのかもしれないですけど、正直なところ購入者からしてみたら新しいバイクを安く購入できればいいだけなので、どちらでもいいです。

これは難しく考えないで、店員さんにまかせてしまいましょう。

車種や状態にもよりますけど、下取りでも新しいバイクを安く購入できる可能性はあります。

・乗り換えが楽にできる

下取りの最大のメリットは、乗り換えが楽ということです。

売却と購入を同じ店舗でおこなうので、手続きも少なくてすみますし、バイクに乗れない期間もなく、納車日も売却するバイクで店舗まで行くことができます。

下取りの流れは次のような感じになります。

  1. 新バイクの購入店舗を決める
  2. 下取りの査定をしてもらう
  3. 新バイクの購入価格が判明
  4. 購入を決定して手続きをする
  5. だいたいの納車日が決定する
  6. 納車日まで旧バイクに乗る
  7. 納車日に旧バイクで店舗に行く
  8. 旧バイクと新バイクを交換
  9. 新バイクで家に帰る

大まかな流れはこんな感じになります。

基本的に下取りは納車日に、売却するバイクと新しいバイクを交換するような感覚なので移動手段がなくなることはありません。

なので、通勤などでバイクを使用している人でも安心です。

スムーズに乗り換えをしたいなら圧倒的に下取りの方がオススメです。

下取りのデメリット

  • 下取り価格が安い
  • 不動車を売るのは難しい

・下取り価格が安い

一般的には下取りは安いと言われています。

下取りしてもらう車種や店舗、在庫状況なども関係してくるので一概に下取りは絶対に安いとは言いきれないですけど、出張買取より高くなることはあまりありません。

「下取りが安くなる理由」や「下取りで高く売る方法」も後で解説はしますけど、価格を重視して安く乗り換えたいのであれば下取りはオススメしないです。

・不動車を売るのは難しい

不動車や事故車、さらに車検切れなどの乗ることができない状態のバイクを下取りにだすのは難しいです。

乗れなければ下取りしてくれる店舗まで押して持っていくしかありません。

これだと、下取りの「乗り換えがスムーズ」というメリットがまったくいかされないので、迷わず出張買取で家まで取りに来てもらった方が楽です。

しかも不動車などの下取りは極端に価格が下がる傾向にあります。

苦労して安く売る必要はないので、バイクが動かないなら諦めましょう。

下取りが安くなる理由

下取りは乗り換えがスムーズになるので便利な方法ですが、やはり気になるのは下取りの価格です。

一般的には下取りが安いと言われてしまう原因は買取専門業者とバイク販売店の利益のだし方に違いがあるからです。

買取専門はバイクを買取して業者オークションや店舗販売など様々な方法で販売して利益をだしています。

簡単に言うとバイクを仕入れて売るだけです。

それに対して、下取りをしてくれるバイク販売店はバイクを購入してもらうことでも利益をだしますが、購入後のメンテナンスや点検などでも利益をだす収益モデルになっています。

バイクを購入したら、その店舗に行ってオイル交換だったり、車検なんかもお願いしたりしますよね?

なので、バイクを買取して販売することにそこまで力を入れてないし、売れ残りのリスクなども考えると、どうしても安く買取するしかないのです。

全てのバイク販売店にあてはまる内容でもないですけど、下取りとなると売却先を選べないので、買取に力を入れてない店舗で購入することになる可能性があるのも事実です。

下取りは便利な乗り換え方法ですけど、下取り価格が安くなってしまう可能性があるのは覚悟しておきましょう

下取りで高く売る方法

下取りでも高く売却できる方法あります。

確実ではないですけど、やらないよりかは高額査定になる確率はあがります。

  • 他社の買取価格を提示
  • 高額査定なら購入する

まず最初にバイク王などの買取業者に査定をしてもらってください。

できれば査定員さんの名刺の裏に査定額を書いてもらいましょう。

購入店で買取価格を提示する時に信憑性が増します。

そうしたら、買取業者には申し訳ないですけど、買取を断って、いったん帰ってもらいましょう。

次に、その名刺を持って購入店に行って査定してもらいましょう。

名刺に書かれている査定額より安い金額を提示されたら、名刺を見せて交渉してみてください。

  • 「〇〇社なら〇〇円で買取してくれるみたいなんですけど、これ以上にはなりませんか?」
  • 「〇〇円以上なら、即決で次のバイクを購入します」
  • 「ダメなら他の販売店にいきます」

こんな会話をしてみてください。

販売店側も査定額をちょっと上げるだけでバイクを購入してもらえるなら、と思って査定額を上げてくれることもあります。

先程も書きましたが、販売店が嫌がることは他の販売店にお客さんを逃してしまうことです。

このような感じでうまく交渉すれば下取りでも高く売れる可能性はあるので頑張ってください。

下取りは無理をしない

下取りでも高く売る方法を解説しましたけど、けして無理はしないでください。

ゴネてゴネて安く新しいバイクを購入しても、その店舗とは今後も長い付き合いになるかもしれないからです。

購入店にはメンテナンスや修理などで、たびたび訪れないといけないこともあります。

そんな時に

「また面倒な客が来たよ」

なんて、思われてたらイヤですよね…

メンテナンスなどに詳しくなくてもバイクライフを快適にしてくれるのは、購入店の店員さんです。

本来であれば優しい店員さんでも雑な対応になってしまうかもしれません。

無理して嫌われるよりも、今後ことも考えて下取りをしてもらいましょう。

「下取り」と「買取」ならどっちがお得?

どちらがお得か?と聞かれたら「買取」と答えてます。

僕の個人的な意見で言えば、やはり買取価格を重視してしまうので、買取を選択することが多いです。

売却の手間や購入店まで電車で行くのは、たしかに面倒ではありましたが、出張買取の高額査定は魅力的です…

貧乏なので…

もちろん下取りで乗り換えたこともありますけど、「下取りで高く売る方法」のところで解説したような交渉で、最高額とまではいかないですけど、なかなかいい値段で下取りしてもらったこともあります。

住んでる場所や購入店が電車で行きにくい場所とかであれば下取りを選択するしかありませんが、買取価格だけで言えば圧倒的に出張買取の方が有利です。

本来であれば、下取りで高額査定になって、乗り換えもスムーズにおこなえることが望ましいのですが、なかなかそのような状況になることはありません。

  • 乗り換え重視なら「下取り」
  • 価格を重視するなら「買取」

このような結論で終わりたいと思います。