【知らないと損】バイクを売る時の注意点【必要書類や売却のコツを解説】

バイクを売る時の注意点を知りたい人
バイクを売りたいけど注意することとかあるのかな?
なにも知らないと安く買い叩かれたりするって本当?
少しでも高く売るためにはコツとかあるの?

このような疑問がある方にオススメの記事です。

バイクを高く売りたいなら注意したいポイントがたくさんあります。

売却の経験が少ない人だと、なにが正確で、なにが不正解なのかもわからないと思います。

特に初めての売却であれば査定員の言われるがままに売却して損をしてしまい後悔する可能性があります。

なので、この記事を読んで売却前にちょっと知識をつけておくだけでも安く買取されてしまう心配が少なくなります。

売却の知識があるかないかで査定額にも大きく影響してくるのでバイクを高く売りたいと思うなら、この記事を参考にしてみてください。

バイクを売る時の注意点

バイクを売る時は次のようなことに注意して高額査定を目指してください。

  • バイクは高く売れない
  • 売却方法を決める
  • 必要書類を用意する
  • 買取相場を調べておく
  • 売却の流れを把握しておく
  • 相見積もりで他社と比較する
  • カスタム車は査定額が下がる
  • ローン返済途中でも売れる
  • 車検が切れていても売れる
  • 不動車や事故車でも売れる
  • 交渉をして査定額を上げる
  • 売却のタイミングを考える
  • 故障があっても修理しない
  • バイクの状態は正直に話す
  • メンテナンスをしておく
  • 洗車をして綺麗にする
  • 売却後に名義変更の確認

はい、たくさんあります…

ほとんどが重要なことなので、知っているだけでも安く買取されてしまう可能性は低くなります。

ローンや車検の話は関係ない人もいると思うので、読み飛ばしても大丈夫です。

この記事では全部を細かく解説していくと長くなってしまうので、より詳しく知りたいなら関連記事も用意してあるので参考にしてみてください。

では、それぞれ解説していきます。

バイクは高く売れない

いきなりショックなことを言ってしまいスミマセン。

バイクは高く売れません

基本的に買取業者は、なるべく安く買取して、なるべく高く売る商売をしています。

簡単な話し、あなたのバイクを安く買取することで利益をだしています。

ですが、安心してください。この事実を知っているだけでバイクの売却に対して気も引き締まり、しっかりと準備をするようになります。

バイクの売却で失敗してしまう人の多は次のような感覚で査定をしてもらってます。

  • バイクなんてどこで売っても同じだろう
  • 高額査定になる買取業者で売れば大丈夫
  • 高く売りたいけど、どうすればいいのかな

このような気持ちで査定をしてもらい、よくわからないまま査定員に丸め込まれて売却をしてしまい後悔します。

そして、高く売れたのか、安く売れたのかもわからず、なんとなくモヤモヤした気持ちだけが残ってしまいます。

なので、高く売るためには売却の知識をつけて高額査定になるコツなどを知っておく必要があります。

「バイクは高く売れない」これがバイクを売るときに1番注意したいポイントなので、少しでも高く売れるようにしっかりと準備をして高額査定を狙っていきましょう。

売却方法を決める

バイクを売却する方法は大きく分けて3種類あります。

  • 個人売買で売却
  • 出張買取で売却
  • バイク販売店で売却

1番高く売れる可能性があるのは個人売買ですけど、トラブルが多いのでオススメはできません。

個人売買のトラブルは【危険】バイクの個人売買でよくあるトラブル【名義変更が最優先】こちらで解説してます。

そうなると出張買取かバイク販売店での売却が望ましいです。

売却するだけなのか、乗り換えのために売却するのかで、ベストな選択は変わってきますけど、高く売りたいのであれば、バイク王のような出張買取がオススメです。

関連記事:【体験談】バイクを売るならどこがいい?【高額査定になる買取業者5選】

「買取」と「下取り」の違い

バイクを売却しようとすると「買取」「下取り」なんて言葉を耳にすると思うので簡単に説明しておきます。

買取はバイクを売却するだけ、下取りは新しいバイクを購入する店舗で売却する方法です。

  • 買取は売却するだけ
  • 下取りは乗り換え

このように覚えておいてください。

なので、バイクを売りたいだけの人なら買取の一択になります。乗り換えを検討している人は買取と下取りを選ぶことができます。

どちらもメリット、デメリットがあり、乗り換えをスムーズにしたいなら下取りです。

少しでも高く売りたいなら出張買取のような買取専門業者で買取をしてもらうことをオススメしてます。

どちらとも高く売れる可能性はありますけど、車種や購入した店舗などで状況が変わってくるので、一概にどっちがいいとは言い切れません。

自分の状況に合わせてベストな選択してみてください。

関連記事:バイクの「下取り」と「買取」の違い【下取りでも高額査定は可能】

必要書類を用意する

バイクを売却する時は必要書類があるか確認しておきましょう。

  • 251cc以上
    自動車検査証
  • 126cc〜250cc以下
    軽自動車届済証
  • 125cc以下
    標識交付証明書

こちらは排気量によって書類の名前が違いますけど、バイクを購入したときに必ず貰っているはずなので探してみてください。

基本的にはバイクのシート下にしまってありますけど、見つからないようであれば家の中にある可能性が高いです。

もし紛失していても売却はできますし、再発もできるので安心してください。

登録書類以外にも必要なものがあるので用意しておきましょう。

  • 自賠責保険証明書
  • 身分証明書
  • 印鑑

これらも用意をしておけは売却をスムーズにおこなうことができます。

関連記事:バイクの売却に必要なもの【査定額を上げるために準備するもの】

買取相場を調べておく

売却前は安く買い叩かれないように買取相場を調べておくことをオススメしてます。

正確な相場を調べることは難しいですけど、なんとなくでも買取価格をイメージしておくだけで効果はあります。

実際に査定をしてもらわないと正確な査定額を知ることはできないですけど、買取相場より異常に安いと感じるのであれば売却をやめることもできます。

買取相場は簡単に調べることができるので、安く買取されないためにもやっておきましょう。

買取相場の調べ方

ここでは簡単な「バイク王の無料お試し査定」を使ったやり方を解説しておきます。

バイク王のサイトにいき「無料お試し査定」をクリックしてください。

無料お試し査定はこちらからできます。→バイクを売るならバイク王

そうすると次のような項目を入力する画面になります。

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種
  • 名前
  • 電話番号

必要項目を入力して送信をしてください。

送信をしたら早ければ15分後くらいにバイク王から電話がかかってきて買取価格を教えてもらうことができます。

教えてもらえる金額は「バイク王の買取上限金額」なので、その金額で売れることはほぼないと思ってください。

なので、教えてもらった金額の6〜7割くらいが買取相場だと思ってください。

もちろんバイクの状態によって実際の査定額は変わってくるので注意は必要ですけど、だいたいの相場感を知ることができます。

関連記事:【簡単】あなたのバイクはいくらで売れる?【買取相場の調べ方】

売却の流れを把握しておく

初めての売却だと不安でソワソワして間違った判断をしてしまうこともあるので、売却の流れを知っておきましょう。

売却をするだけならそこまで難しい話でもないので、なんとなくでいいので覚えておいてください。

出張買取でも店舗に持ち込みでも、ほとんど売却の流れは変わりません。

査定するのに家まで来てもらうのか、自分で店舗に行くのかくらいの差です。

例えば、出張買取であれば次のような流れになります。

  1. 出張買取の申し込みをする
  2. 予定日に査定員が家に来る
  3. バイクの査定を始める
  4. 査定額を提示してくる
  5. 査定額に納得して商談成立
  6. 書類などに必要事項を記入
  7. バイクを持って帰ってもらう

だいたいこんな感じです。

ぶっちゃけ買取の申し込みをすれば、あとはほぼ自動的に話が進んでいきます。

売却をするだけなら査定員におまかせ状態でも大丈夫ですけど、なにもしなければ安く買取されてしまうこともあります。

高く売りたいと思うなら気をつけたいことは沢山あるので、【徹底解説】バイクを高く売る手順【高額査定にするコツや注意点】で詳しく解説しているので参考にしてください

こちらの記事では売却前の準備から売却後までを手順にそって注意したいポイントや高額査定になるコツを解説しています。

相見積もりで他社と比較する

バイクを高く売りたいなら他社と比較するのが必須だと思ってください。

1社だけだと査定額が正確なのかもわからないですし、交渉もしにくいです。

そして、買取業者も欲しいバイクは高く買取してくれますし、いらないバイクなら安く買取しようとします。

  • A社の査定額は30万円
  • B社の査定額は20万円

買取業者によっては10万円ほど差がでることもよくある話しです。

比較することによって高く買取してくれる業者を見つけるのも高額査定にするコツです。

なので最低でも2〜3社くらいには査定してもらうのがオススメです。

もし何社にも査定してもらうのが面倒だと思うなら「同士査定」という方法もあるのでチャレンジしてみてください。

簡単に言うと出張買取業者2〜3社を同じ日の同じ時間に呼んで、買取業者同士で価格を競わせる方法です。

うまくいけば出張買取を利用した1番高く売れる方法です。

同士査定のやり方は【裏技】バイクが高く売れる同時査定のやり方【オークション方式】こちらの記事で解説しているので参考にしてください。

カスタム車は査定額が下がる

基本的にバイクはノーマル状態の方が高く売れると思ってください。

カスタムは好みが別れてしまうものなので、買取後の販売がしにくくなってしまい在庫のリスクなどを考えると、どうしても査定額が下がってしまいます。

「カスタムに50万円かけたから、高く売れるだろう」このような気持ちで査定をしてもらうとビックリするくらい安い金額を提示されて落ち込みます。

なので、純正パーツが残っているなら、なるべく元に戻しておくか、自分で元に戻せないなら査定の時に渡せるように用意しておきましょう。

関連記事:【交渉で有利】バイクを売る時の査定基準【マイナスポイントを解説】

ローン返済途中でも売れる

ローン返済途中だとバイクを売れないと思っている人もいますけど、問題なく売却することはできるので安心してください。

バイクを売却したお金でローンを払い終わることができれば、たいして問題はないのですが、ローンの残金よりも安い金額でしか買取してくれないとちょっと面倒です。

再度ローンを組み直したり、残金を一括で払い終わらす必要があります。

大手の買取業者ならローンの組み直しに対応している場合が多いので、ローン返済途中のバイクを売りたいなら、まずは買取業者に確認して相談してみましょう。

関連記事:ローンが残っているバイクを売る方法【完済してから売却は損です】

車検が切れていても売れる

バイクの車検が切れていても売却することはできるので安心してください。

ただし、車検切れのバイクは道路を走ることができないので、出張買取を利用することをオススメします。

中古バイク販売店まで押していく方法もありますけど、疲れるだけなのでやめた方がいいです。

そして「車検を通してから売却した方が高く売れる?」なんて疑問もでてくると思いますけど、車検は通さなくて大丈夫です。

車検があるかないかは、そこまで大きく影響するものでもないですし、車検を通した金額よりも査定額が上がることはないからです。

なので、車検切れのバイクは車検に通さないで、出張買取で売却するのがベストです。

関連記事:【査定額に影響なし】車検切れバイクの売却方法【高価買取も可能】

不動車や事故車でも売れる

バイクはどんな状態でも売ることができるので、不動車や事故車でも処分する前に買取業者に査定してもらってください。

不動車でも修理をすれば再度 販売することもできますし、事故車で修理することが難しい状態でも、なにかしら使えるパーツはあるのでパーツだけで販売することもできます。

もちろん普通の状態よりも大幅に査定額は下がってしまいますけど、処分費用を払うよりかはマシです。

運良く5万円にでもなれば儲けもんです。

事故車や不動車でもあきらめないで1度は査定をしてもらってください。

関連記事:どんなバイクでも買取してもらえます【処分はもったいない】

交渉をして査定額を上げる

バイクを高く売るためには交渉は必須だと思ってください。交渉をしなければ安く買取されてしまいます。

バイクを査定した後の最初に提示される査定額は想像以上に安いです。

例えば、査定後に提示された金額が10万円だとしましょう。ですが交渉をしたら20万円になった、なんてことはよくある話しです。

交渉をするかしないかで10万円も変わるなら、した方がいいですよね?

他社の査定額と比較したみたり、どのようなメンテナンスしてバイクを大事にあつかってきたのかをアピールしてみてください。

なにもしなければ安く買取されてしまうので必ず査定額を上げてもらえるように交渉をしてください。

交渉のテクニックは別の記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事:【必須】バイクを高く買取してもらうための11つの交渉テクニック

売却のタイミングを考える

バイクは売りたいと思った時が1番高く売れますけど、タイミングも重要です。

今スグ他のバイクに乗り換えたいと思っていたり、もう乗る予定もなくて放置してしまいそうな状況であれば早めに行動をしたほうがいいですけど、「そろそろ乗り換えた方がいいかな?」くらいの感覚なら売却のタイミングも考えたいところです。

  • 車検が切れる前
  • 使用用途が変わる
  • バイクの寿命が近い
  • 消耗品の交換が多くなる
  • 税金の支払いが発生する前

このようなタイミングで乗り換えれば今のバイクを充分に楽しむこともできて、金銭的な負担も少なくなります。

売却のタイミングは難しいですけど、やみくもに売却するのはもったいないので、しっかりと考えたいポイントです。

関連記事:【平均何年?】バイクを乗り換えるタイミング【結論:高く売れる今です】

故障があっても修理しない

立ちゴケのキズやパンクなどのバイクになにかしらの不具合があっても修理はしないで、そのままの状態で査定をしてもらってください。

もちろん故障している箇所を修理すれば査定額は上がりますけど、修理費以上に上がることはないので、結果として損をしてしまいます。

自分で整備したりするのが得意な人であれば無理に止めはしないですけど、「少しでも高く売りたい」という気持ちから下手にいじって、よけいに状態を悪化させてしまい、査定額を下げてしまうこともあります。

バイクはそのままの状態で査定してもらってください。

関連記事:立ちゴケしたバイクは査定に影響はあるのか?【修理はしなくてOK】

バイクの状態は正直に話す

査定の時はウソをついたり、ごまかさないで自分の知っているバイクの状態は正直に話してください。

「高く売りたい」という気持ちから不都合なことは隠したい気持ちはわかりますけど、査定員もプロなのでスグにバレます。

そして、査定の時はバイクだけでなく、売却主のことも見ています。

売却主がウソをついていると思えば、査定額を下げてきます。

「なにか他にも隠しているな、怪しいバイクだから査定額は安くしておこう」

このような考え方になってしまい高額査定からは遠ざかってしまいます。

査定員としっかりとコミュニケーションをとって、信用されることも高く売るためのコツです。

メンテナンスをしておく

売却する直前ならどうにもならないですけど、やはり普段からのメンテナンスは査定額に影響してきます。

まだ売却の予定が先なら、今からでも遅くはないのでやっておきましょう。

  • オイル交換
  • プラグ交換
  • チェーン清掃
  • ケーブル類の注油
  • エアーフィルター清掃

査定員が見ればメンテナンス不足はバレて査定額は下がります。逆にしっかりとメンテナンスをしていたならバイクの状態を説明することもできて、大事にあつかっていたことをアピールできて好印象となります。

洗車をして綺麗にする

売却する前には洗車をして綺麗な状態して、可能な限りサビを落としておきましょう。

もう売却するバイクを洗車するなんて面倒に感じるのかもしれないですけど、高額査定にするには必須だと思ってください。

あたりまえですけど、汚れているよりもピカピカで綺麗なバイクの方が高く売れます。

汚れていれば、バイクを大事にあつかっていなくてメンテナンスもろくにされていないと思われてしまい印象が悪くなってしまいます。

特にサビはバイク全体の見た目も悪くしてしまいますし、放置されいたり雨ざらしで保管されていたと思われてしまうので、劣化をしているバイクと判定されてしまい査定額に大きく影響します。

売却すれば愛車とは別れてしまうことになるので、いままでの感謝の気持ちを込めて洗車をしてください。

売却後に名義変更の確認

大手の買取業者に売却するなら、そこまで気にする必要はないですけど、売却後は名義変更とお金がちゃんと振り込まれているか確認してください。

名義変更や廃車にしてなければ売却後もバイクの所有者は変わらないので税金の支払い義務や犯罪などに使用されたらトラブルにまきこまれることもあります。

そして肝心なお金も銀行振込であれば、しっかりと入金されているのかもチェックしたいところです。

しっかりとした買取業者であればめったにないですけど、個人売買ではよくあるトラブルです。

売買後は念のため名義変更がしてあるか確認しておきましょう。